浮世絵にみる江戸ゆかた

ボストン美術館所蔵

「俺たちの国芳 わたしの国貞」展

   3.19~6.5 Bunkamuraザ・ミュージアム

 

幕末の二人の天才浮世絵師・歌川国芳(1797~1861)と

歌川国貞(1786~1864)の浮世絵作品展に出かけてきました。

国芳の得意は武者絵、国貞は美人画や役者絵と対照的ですが、江戸末期のキラキラした様子が描かれています。

木彫りとは思えないほど精密で生き生きとした彫と摺りは、やはり日本の素晴らしい伝統芸術です。

きものやゆかたの柄も非常に参考になります。

特に高常では「中紋型染」が得意ですから、江戸ゆかたの柄を浮世絵の中に興味を持ってみています。この時代のゆかたの柄はやはり中、大柄が多い

ようです。(図はパンフレットからの抜粋)

江戸ゆかた

染め工房  高常

・型染め体験教室を始めました。

・江戸ゆかたを特別価格でご提供します。

・型紙コレクション「高常コレクション」は工場に常設しています。見学をご希望の方は予めご連絡ください。